節約

Kyash Cardのメリットと使い方を伝授。ポイント2%還元!?

話題のKyash Cardについて解説します。初心者が知りたい内容に焦点をしぼって解説しますのでご安心ください。

結論、まちがいなくつくるべきカードです。理由は単純にキャッシュレス払いでのポイント還元率がプラスで1%つくから。しかも簡単につくれます。

節約において、まず取り組むべきはふるさと納税Kyash Card発行です。○○ペイがおおすぎてよくわらかないかたもこれ1枚あれば○○ペイよりも高還元率を実現します。

給与収入のみのサラリーマンのふるさと納税についてはこちらをどうぞ。

サラリーマンや公務員向けにふるさと納税の仕組みを解説 ふるさと納税?きいたことはあるけどどういう仕組みなのかよくわからない。 なんかむずかしそう。 というひとへ解説します。今回...

Kyash Cardとは

Kyash Cardとはクレジットカードでチャージができるプリペイドカードのことです。Kyash Cardで支払いをすると、クレジットカードでのポイントが1%、Kyash Cardでのポイントが1%つくので単純にポイント還元率が2%になるというメリットがあります。

クレジットカードでのポイント以外にプラスで1%のポイントがつくということですね。

しかも、自動チャージというものを設定しておけば、いちいちクレジットカードでのチャージをする必要がなく残高0円でも使用可能です。そうなると使い方はクレジットカードと一緒です。

また、たまったKyashポイントはスマホで残高へポイントチャージする必要がありますが、チャージの所要時間はだいたい3秒です(笑)

もっているだけでポイント還元率が1%ふえる。なんて素敵なカードでしょう。

Kyash Cardはもともと「株式会社Kyashが提供する送金・決済アプリのKyash」が実際にカードになったものです。

Kyashには3種類のカードラインナップがありますがつくるべきはKyash Card1択です。

比較の決め手は太字の部分。Kyash Cardはポイント還元率が1%にたいしてほかの2つは0.5%。デメリットは発行手数料が900円かかることです。

Kyash Card Virtualは無料ですがオンライン決済のみなので、あまり使い勝手がよくないです。発行するならKyash CardKyash Card Liteです。

カードの有効期間は5年間ありますので、新規発行の場合は5年間で12万円使うかどうかがKyash CardKyash Card Liteの損益分岐点です。

また、Kyash Card LiteはICチップが内蔵されていないため、使える店が限られてくることもデメリットです。

普通に買い物をしていたら12万は使いますのでKyash Card1択ですね。

・Kyash Cardの場合

120,000円×1%-900円(発行手数料)=300円

・Kyash Card Liteの場合

120,000円×0.5%-300円(発行手数料)=300円

Kyash Cardのメリットとデメリット

メリット

  • プラスでポイント1%
  • カードロックがかんたん
  • タッチ決済
  • 見た目がカッコイイ

デメリット

  • ポイント還元は月12万円まで
  • 発行手数料900円
  • ポイントチャージが必要
  • 登録できるカードに制限がある
  • 支払い制限がある

メリット

プラスでポイント1%

Kyash Card最大のメリットです。ポイント還元率がプラスで1%つくためポイントが2%還元されます。

2%のカラクリはクレジットカードのチャージで1%還元。Kyash Cardで支払うことで1%還元です。ポイントの2重取りができるんです。

わたしは楽天カードと連携をしているため、100円のものを買うと楽天ポイントが1ポイント。Kyashポイントが1ポイントつきます。

100円だとあまりお得な実感がありませんが、10万円使った場合には合計2,000ポイントが還元されますから、ばかにできません。

KyashポイントKyash Card残高へポイントチャージをして使います。ポイントのままにしていおてもメリットはないため、定期的にポイントは残高へチャージしておきましょう

Kyash CardVisa加盟店であればどこでも使うことができるので、使えないお店はほとんどないといってよいですね。

ちなみにですが、VISA LINE Payクレジットカードと連携した場合は、クレジットカードでのポイント還元はできません。注意しましょう。

夢の4%還元は実現しませんでした(泣)

【VISA LINE Payクレジットカード】還元率3%!税金の支払いも可能なメリット多数のお得なカード LINE Payと連携可能なVISA LINE Payクレジット。しかも還元率は 驚異の3%!! 現在はキャンペーンなどを...

カードロックがかんたん

こちらのメリットもひじょうにおおきい。

Kyash Cardは盗難に遭った場合やカードを紛失した場合のロックや、オンライン決済のオンオフ決済の上限額の設定スマホアプリでかんたんにできちゃいます。

カードロックからのロック

  1.  Kyashアプリ>ウォレットをタップ
  2. 「カードロック」をタップ

これだけです。再度カードロックをタップすると解除されます。

盗難や紛失時に、いちいち電話しなくてよいのは助かります。

カード設定からのロック

  1. Kyashアプリ>ウォレットをタップ
  2. 「カード設定」をタップ
  3. 「カードロック」をオン

カードロックをオフにすれば解除されます。こちらのカード設定で1回あたりの決済限度額を設定したり、月の決済限度額を設定したりできます。

またオンライン決済や海外実店舗決済のオンオフもできます。

わたしの場合は月に12万円以上の決済は意味がないので、限度額はともに12万円に設定しています。

また、オンライン決済や海外店舗での決済をすることもないので、不正利用を防止するためにどちらもオフにしています。

万が一、不正利用された場合にそなえて普段は決済上限額を小さくしておき、おおきな買い物をする直前だけ上限額をあげることもアプリでかんたんにできちゃいます。

これめちゃくちゃよくないですか?

タッチ決済

電子マネーであるSuica楽天Edyのようにタッチして決済をすることができます。

レジにあるリーダーにかざすだけで決済をすることができ、暗証番号は不要なのでスピーディに決済ができます。

これが実にスマートなんですよね~。

暗証番号が不要というのは心配なかたもいるでしょう。Kyash Cardはスマホアプリで使用制限ができますから、心配なかたは決済限度額を小さくしておいたり、カードロックをかけたりしておくのもひとつの手です。

イオンセブンイレブンローソンなどで使用ができます。

日本では一般的な決済方法ではありませんが、海外では一般的な決済方法です。

今後の国際社会をかんがえると、日本でも普及していくでしょう。

現在、日本でタッチ決済が利用できる主な店舗は以下の通りです。

  • イオン
  • マクドナルド
  • TUTAYA
  • すき家
  • はま寿司
  • ウエルシア
  • ダイエー
  • 文教堂
  • セブンイレブン
  • ローソン

見た目がカッコイイ

色はシルバーネイビーピンクの3種類からえらぶことが可能です。わたしはネイビーをえらびました。カッコよくないですか!?

見かけも重視するわたしにとってはうれしいんです。非常にシンプルなデザインですね。

また、表面にカード番号がありません。カード番号が表面にないのもメリットのひとつです。

デメリット

ポイント還元は月12万円まで

Kyashポイントが還元されるのは月に12万円までです。それ以上はKyash Cardを使って払ってもKyashポイントが還元されません

なので家電製品などのおおきな買い物には向いていないといえます。

とはいえ、一般のかたであれば普段の買い物で毎月12万円以上の支払いをすることは少ないとおもうのでおおきなデメリットではありません。

1ヶ月に12万円以上は使わないようにしましょう。

発行手数料900円

ポイント還元率を考えたらおおきなデメリットではありません。

ただし、どのカードをつくるのかはそれぞれの判断でお願いします。

9万円発行手数料はとりかえせますKyash CardにするのかKyash Card Liteにするのかですが

まだカードをつくっていない人は5年間で12万円以上の支払いをするのならKyash Cardをつくりましょう。5年間で12万円以下の支払いにおさまるのであればKyash Card Liteをつくりましょう。

また、すでにKyash Card Liteをもっているというかたは5年間で18万円以上の支払いをする場合はKyash Cardにきりかえましょう。

ほとんどのひとはKyash Card発行の1択になってしまいますね。それほどに還元率がプラス1%アップというのはおおきいです。

このメリットの前では発行手数料900円がかすんでみえませんか?

ポイントチャージが必要

勝手に残高へ還元してくれればよいのにそうはいかないんですよね。

ポイントチャージはスマホでできますから定期的にチャージしておきましょう。所要時間は3秒ほどです(アプリの起動時間のもんだいもありますが)。

ちなみにですが、Kyashポイント有効期限があります。有効期限は180日間です。決済によりKyashポイントが増加した場合には有効期限はさらにその時点から180日となるみたいですが、ポイントのままにしていることのメリットはありません。

ポイントを残高へチャージをしてしまえば、有効期限はありません

また、決済のときには自動チャージを設定していてもKyash残高からの支払いが優先されます。

月に1回程度ポイントチャージをおこなっていれば取りこぼしはないですね。

登録できるカードに制限がある

Kyash Cardに登録できるクレジットカードの国際ブランドは

  • Visa
  • Mastercard

以上の2つだけです。クレジットカードの5大国際ブランドとされているJCBAmerican ExpressDiners Clubは登録ができません。

JCBカードしかもっていないひとはVisaかMastercardをつくる必要があります

JCBカードはお店がクレジット会社に払う手数料が高いため、使えないお店もふえています。JCBカードが使えない代表的なお店はスシローですね。

VisaMastercarとくらべると決済手数料が0.5%ほど高く、一見ちいさい数字にみえますが、これがつみかさなるとお店にとってはおおきな金額になってしまいます。

JCBカードしかもっていないというかたは、これを機にぜひVisaMastercardをつくりましょう。

支払い制限がある

Kyash Cardは使えないお店もあります。

代表的なのはガソリンスタンドや高速道路、電子マネーへのチャージなどです。もう一枚はクレジットカードを持ち歩くようにしましょう。

いざというときに支払いができない場合があります。

まとめ

Kyash Cardはメリットがデメリットをはるかに上回ります。もってない人は全員つくるべきカードといえるのではないでしょうか。

ポイントが1%ふえて、セキュリティもばっちりなんてつくらないほうがもったいないです。

お得に買い物するコツは知ったときには即行動!!ですよ。

つくるタイミングは早ければ早いほどよいです。

みなさまのお得ライフのお役にたてることを願っています。

それでは、また。