ソフトテニス

試合で勝つために前衛が練習すべきこと

前衛はレシーブ命

前衛がもっとも練習すべきなのはレシーブです。この記事をみている方の中には、ボレーやスマッシュの練習を中心に練習している人がいませんか。あなたが全国トップクラスの実力者ならば、それでもよいかもしれません。そうでなければレシーブ練習を徹底的にしてください。なぜなら、前衛のレシーブポイントは必ず点差がついたところで回ってくるからです。

前衛のレシーブポイントは点差がついた状態で回ってきます。その1点は、1ゲームを取るか取られるかに関わることが多いということです。前衛のレシーブでの1点は試合の勝ち負けを左右します。理屈上ではありますが、前衛レシーブで必ずポイントが取れるのであればファイナルゲーム以外で負けることはありません。

ミスをしないレシーブではなく、得点するためのレシーブを練習するにあたって忘れてほしくないのはレシーブ1本で決める必要はないということ。レシーブ1本で決めるとなれば、前衛アタックかツイストになってしまうと思いますが、全球それを打っていては間違いなく勝てません。攻めて優位に立った結果ポイントにつなげることが大事なので、すべて1本で決めに行くなんてことはやめましょう。もちろん、1本で決めにいってもよい場面はありますのでカウントを意識しながら練習してください。

前衛レシーブと言っても、ファーストサーブのレシーブとセカンドサーブのレシーブがあります。ファーストサーブの場合には相手が優位であると考えられるので攻めは難しい仮定します。これから解説していくのはセカンドサーブにおけるレシーブを前提として解説していきます。

レシーブのコース

レシーブは大きく分けて5つのコースがあると思います。

  • クロス
  • ストレート
  • ミドル
  • ストレートロブ
  • ツイスト

クロス

この中でまず練習してほしいのはクロスのレシーブです。クロスのレシーブはもっとも打つことが多いですし、どんなカウントにおいてもクロスのレシーブは使えます。このレシーブができなくて試合に勝てるわけありません。逆に、このレシーブで点数を取れる選手になれば試合に勝てるようになります。

クロスのレシーブではスピードボールは必要ありません。後衛がいるほうに打つのですから、力いっぱい打ってリスクを取る必要はありません。速いボールを打てば速く返ってきますから、ポジションがとれない原因にもなります。

大切なのは、自分がポジションをとれるスピードで打って相手よりも優位に立つことです。ロブとシュートの間のようなボールでもよいです。対角線の隅2メートル四方の範囲に狙って打てるようになりましょう。簡単ではありません。だからもっとも練習すべきことなんです。ここに打たれると、どんなにゆるいボールでも、どんなに上手な選手が相手でも、攻めのボールになります。また、自分の後衛がその後のストローク戦で優位に立つこともできます。

カウントはどのカウントでも使えます。1点リードしているときや1点ビハインドのときにこのコースでポイントできることは、楽にゲーム運びができるようになるということです。レシーブを打った後、どうやってポイントにつなげていくのかも重要ですが、まずはこのレシーブがないと始まりません。

ストレート

ストレートのシュートボールです。前衛アタックとも言います。このレシーブは1発で点数に結びつくというメリットもありますが、1発で失点に結びつくというデメリットもあります。したがって、相手のゲームポイントで行うのはNGです。3点リードしたときを中心に、サイドを通していきましょう。ここで活きてくるのがクロスのレシーブです。クロスのレシーブでポイントを取ることができるのであれば、3点リードでの失点は怖くありません。つまり、3点リードで博打のストレートに打って失点してもよいということになります。

仮に、クロスのレシーブという武器がなかったらどうしましょう。打つ手がなくなりますよね。まあ、もう一本ストレートを挑戦してもよいですが、時の運で試合をしていても勝ち続ける選手にはなれません。また、クロスでのレシーブで点数が取れる安心感があれば1点差でもストレートに挑戦できますし、クロスでのポイントを考えることもできます。選択肢が増えるということにも繋がりますね。

ただし、基本的にはクロスのレシーブでリードができている相手に対してはクロスのレシーブで得点し続けるというのがセオリーです。無駄にリスクを背負って相手をのせてしまう原因になりかねないからです。ポイントごとの要所を見計らってストレートを打っていきましょう。

ミドル

実はとても効果的なボールであるミドルのシュート。前衛にストレートを抜かれると思わせることがみそです。また、ミドルが通った場合には相手の体勢にもよりますが、8割はスマッシュを狙えます。ただし、注意点はきれいなチャンスボールがあがってくるとは限らないので、ハイボレーでたたく準備はしつつも、それよりも高くボールがあがったらスマッシュを打つようにしてください。

大事なのはかっこいいプレーではなく、1点をとることです。思いっきりたたいて派手にかっこよくとった1点も1点です。確実に、空いている隙間を狙って地味にとった1点も1点です。当たり前のことですが、試合で勝つためにはかっこいいプレーをすることではなく、相手よりも多く1点を積み重ねたほうです。それを忘れないでください。

ミドルのボールが活きてくると、相手前衛はミドルを意識するので、ストレートも抜きやすくなります。また、ストレートのロブも通しやすくなります。攻撃の幅を広げる有効打となりますので練習必須です。

打つ前から力んでミスをしないように気をつけましょう。セカンドサーブのレシーブでミドルを簡単に止めることができる前衛はほぼいません。落ち着いてコースをつけば確実にポイントにつながります。

ストレートロブ

相手の得意不得意によりますが、これも有効なボールです。基本的には右利きの相手であれば、ストレートロブよりもクロスのような、ほかの選択肢でポイントにつなげてほしいです。ただし、相手が動きながら打つのが苦手な場合や、左利きでバックハンドが苦手な場合は積極的に活用しましょう。

「置きにいって(入れにいって)ロブは打たない」

わたしの経験上、「逃げ」でストレートのロブを打つと失点することが多いです。これは、気持ちの問題かもしれません。ですが、やっぱりミスが怖くなったらロブって打ちたくなるんですよね。そういう意識の中で打ったボールには意思がありません。打ったボールに意思がないので、失点して当然ですね。気持ちはわかります。そして、こういうときに

相手前衛に絶好のチャンスボールをわざわざあげてしまう

今の球出しじゃねえか!!って自分で思ったこと何回もありませんか。気持ちが逃げているときにストレートのロブはやめましょう。ストレートのロブはポイントまでのイメージを持って打つことが大切です。

ツイスト

相手の不意をつくプレーになります。鉄則は相手がツイストを意識しているときには絶対打たないことです。読まれてしまっては相手のチャンスボールになることが多いです。せっかく、セカンドサーブのレシーブだというのに相手優位な状況をわざわざ自分からつくってあげては元も子もありません。

また、ツイストは必ず自分たちがリードしているときに使いましょう。可能であれば、リードしているときの中でもゲームポイントなんかで使ってほしいです。あくまでも、相手の不意をつくボールです。ツイストを多用して、ポイントを取ろうとしないでください。

勝つために

今回はレシーブについて解説しました。これだけで勝てるほどあまくはありませんが、レシーブで失点していることは意外と多いはずです。また、

前衛はストロークをしないから、レシーブは練習しなくてもよい

なんていう考えは捨ててください。前衛がきちんと攻めることのできないレシーブができなければ後衛は間違いなく打ち負けます。

さらに、前衛がレシーブミスばかりするようでは後衛で得点しなければなりません。そうなると、後衛はカウント関係なしに前衛アタックなどの1発勝負にいってしまうことが増えます。そんな試合運びでは勝てませんね。

せっかく練習するんです。試合で勝つための練習をしましょう。

ではまた。