ソフトテニス

ソフトテニスのルール|初心者に軟式テニスのルールを解説

ソフトテニスのルールを解説します。初めてお子さんの試合を見に行く前の知識として読んでみてください。ゲームの流れの順番ではなく、知っておいたほうがソフトテニスを楽しめる順番に書いています。

勝敗の決め方

ソフトテニスは1ゲーム4点先取です。中学生の場合は3ゲーム、高校生の場合は4ゲームを先取したほうの勝利となる場合が多いです。1ポイントは

  • アウトする
  • ネットする
  • 2バウンドする

以上の場合に相手にポイントが入ります。ネットに、ラケットや体がタッチする場合や、ボールが体に触れた場合なども失点しますが、多くの場合はこの3つによって点数の取り合いをします。4点を先取したほうが1ゲーム奪取。中学生は3ゲーム先取したほうが、高校生は4ゲーム先取したほうが勝ちとなります。

極端な話

2バウンドする前に相手のコートの中に球を入れ続ける

ことができれば負けません。今日お子さんの試合を見に来た!!という方はこれを知ってるだけでもソフトテニスの試合を楽しく見れます。

ポイントの数え方

硬式テニスの場合は、1回のポイントで15点が入ります。そして、4回先取したほうが1ゲームを取るわけですが、カウントは「15,30,40,ゲーム先取」といった形になります。なんで30の次は40??となりますが、明確な理由は見つかりませんでした。有力説は英語での発音のし易さと言われてます。15進数で進めていき、60となったところで1ゲームとする際に「フィフティーン」「サーティ」「フォーティファイブ」・・・

フォーティファイブって言いにくくね!?

ってことでフォーティになったと言われています。まあ、要は4回取ったらゲーム先取ってことですね。

その点!!!

ソフトテニスは非常にわかりやすいです。1点ずつ増えていきますし、4点を先取したほうがゲーム奪取ということになります。ここで、知ってほしいのがデュースという制度です。デュースとは、互いに残り1点でゲームを取るポイントになったら、どちらかが2点差つけるまで取るまでゲームが続くというものです。他の球技でもネット型のスポーツにはデュースがあるものが多いですよね。ソフトテニスでは3-3のとき、最初のデュースになります。

つまり、3-3,4-4,5-5,6-6,・・・と続いていく中で2点差がついたら1ゲーム奪取です。ちなみにソフトテニスもポイントの発音は「ワン」「ツー」「スリー」と英語になります。

・1ゲーム4点

・3-3からはデュース

サーブ(サービス)から始まる

サービスというのが正しい名称のようですが、サーブのほうが馴染みがあるのでサーブを使わせていただきますね。言い方はどちらでも構いません。

ソフトテニスは必ずサーブから始まります。最初に打つ1球です。コートの外から対角線上の小さいエリアにボールを入れます。コートの外側といっても、コートの後ろからになりますので、横からのサーブはできません。そして、テニス特有のルールといえば

サーブを2回打てる

ことです。ソフトテニスも硬式テニスも1回サーブをミスしても失点になりません。2回目のサーブを失敗すると失点となります。1回目のサーブのことをファーストサーブと言い、2回目のサーブのことをセカンドサーブと言います。また、1回目のサーブをミスすることをフォルトと言い、2回連続でミスをすることをダブルフォルトと言います。ダブルフォルトをすると失点ですので相手に1点入ることになりますね。

1回ミスしても失点にならないんだったら、1回目はめちゃめちゃ速いサーブを打って2回目を入れにいけばいいじゃん!!

そうです。その通りです。でも、その考えでサーブを打っていては試合で勝てないところがソフトテニスの面白いところなんですよね。サーブにおいて大切なことはまた別の記事で書きたいと思います。ちなみに、サーブの返球のことをソフトテニスではレシーブと言います。レシーブはコートの中に入ればよく、サーブのように狭いエリアには限定されません。また、ダブルスの場合には、2点ずつ交代でサーブを打ちます。

・サーブは2回打てる

・サーブを2回ミスすると失点

試合の進行

試合前にすること

ソフトテニスは試合前にコート中央に集まります。そのときに選択権を取ったほうが

  • サーブ
  • レシーブ
  • サイズ

のどれかを選び、もう一方は残った2つのうちどちらかを選びます。サイズとはコートの場所を選ぶ権利です。そのときの太陽の位置だったり風だったりと場所選びは非常に大事な要件の一つです。基本的には選択権を取ったほうはサーブかレシーブを選ぶので選択権のないほうはサイズを選ぶ形になりますね。場所を選べるというのを知らない人は、経験者でも多いです。

さて、選択権の決め方はどのようにするのでしょうか?

選択権の決め方は、まず最初にじゃんけんをします。勝ったほうは表か裏かを選ぶ権利があり、負けたほうはラケットを回します。じゃんけんに勝ったほうは、ラケットが回っている時間内に表か裏かを言えばよいです。勝ったほうが言い当てることができれば選択権を取ることができ、言い当てることができなければ、じゃんけんで負けたほうが選択権を取ります。ちょっと面倒ですね。選択権の取り方を理解しなくてもサーブレシーブと場所を決めてるんだと理解しておけば問題ありません。

そのあと、相手と約1分ほどラリーをします。アップの時間ですね。このことを乱打と言います。自分の調子や相手の力量を測る大事な時間です。乱打において意識することも後日、記事にしますので楽しみにしてください。

審判がレディと言ったら試合開始です。

チェンジサイズとチェンジサービス

1ゲーム中は同じ人のサーブとレシーブが続きますが、1ゲームが終わったらサーブの方向や場所を入れ替えます。太陽の位置であったり風であったりと場所による優位は存在しますので、可能な限り平等にします。場所を替えることをチェンジサイズと言い、サーブの方向を替えることをチェンジサービスと言います。これはあまり、チェンジサーブとは言いません。偶数ゲームが終わったときに場所を替えて、奇数ゲームが終わったときにサーブの方向を替えます。ゲームが終わったときにするので、「ゲームチェンジサイズ」「ゲームチェンジサービス」と言います。

AさんとBさんが試合をするとしましょう。1ゲーム目はAさんが南から北へ向かってサーブを打つとします。1ゲーム目が終わったら場所を交代し、2ゲーム目はBさんが南から北へサーブを打ちます。2ゲーム目が終わったらお互いに場所は替えず今度は、Aさんが北から南へサーブを打ちます。それが終わったら今度は場所を交代してBさんが北から南へサーブを打ちます。

このようにして、場所もサーブを打つ方向も交互になるようにして試合は進行していきます。

ファイナルゲーム

最後にファイナルゲームについてです。先ほどデュースについて説明しました。7ゲームで試合をする場合には、4ゲーム先取したほうの勝ちですが、ゲームカウントが3-3になった場合にはファイナルゲームへと突入します。なんか難しいですね。

大丈夫です。そんなに難しくないですよ。

ファイナルゲームでは7点先取したほうがゲーム奪取です。今までは4点先取でしたがファイナルゲームだけは7点先取となります。4点では決まらないということですね。もしかしたら、気づいてる人もいるかもしれませんが、

サーブが得意な人がサーブを取ったら、ファイナルゲームはサーブで試合ができて有利じゃん!!

って思いません??そうならないように、ファイナルゲームではゲーム中にチェンジサイズやチェンジサービスを行います。2点ずつチェンジサイズとチェンジサービスを行います。最初は必ずチェンジサイズです。1点をTとすると

  • 「2+4T」点ごとにチェンジサイズ
  • 「4T」点ごとにチェンジサービス

が行われるということですね。また、ファイナルゲームでも6-6となった阿合にはデュースが適用され、2点差がついた時点で勝利です。

今後はもっと詳しく、サーブの種類や用語についても解説していきます。

ソフトテニスの魅力をどんどん知ってください。ではまた。